« 初心者でも簡単な選択型シストレ | トップページ | ユーロドルトレンド転換? »

2014年7月 3日 (木)

システムトレードは相場に合わせたEAで

FXでシステムトレードを行うにはインジケーターやEAが必要になります。
インジケーターはテクニカル指標のことで、EAはこれをもとに開発され、
プログラム通りに自動売買を繰り返します。
機械的に売買を繰り返すだけに、相場に合わないEAを運用していると
どんどん損失が膨らみかねません。

相場は基本的にトレンドにそって上昇または下降が続くトレンド相場、
ある程度の範囲で上昇と下降を繰り返すレンジ相場、ほとんど値動きの
ない揉み合い相場、乱高下する荒れた相場の4種類があります。

その4種類の相場に合わせたEAを用意して、使い分けすることが
ポイントです。
いつ相場状況が変わったのかは、裁量取引で培ってきた経験
がものをいう場合があります。システムトレードと言っても
裁量取引の経験が生きてくることがあるのです。

最近では経験のない初心者の方でも、プロが作成した
ストラテジーを選択するだけのシステムトレードもあります。

いろいろなFX会社で採用しているので、両方試してみるといいでしょう。

« 初心者でも簡単な選択型シストレ | トップページ | ユーロドルトレンド転換? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事