« システムトレードと最少枚数 | トップページ | スキャルピングは業者によく思われていない? »

2014年7月28日 (月)

ドル円 下落の始まり?

ドル円の雲行きがいよいよ怪しくなってきました。
じわじわと円高方面に向かっています。

1月から101円20~30銭で何度も跳ね返していたので、
そこで買いから入っておけば、儲けることが容易だったかもしれませんが、
101円20~30銭のところで落ち着いてしまいました。

しっかりと跳ね返せないと、いよいよ、下に向かい始めるかもしれません。
日足は完全デッドクロス、週足横ばいで若干デッドクロス、
月足はMACDでデッドクロス形成中。2012年の7月頃から
円高の終焉が見受けられはじめ、ちょうど2年。

そろそろ円安も終わりでしょうか。ある人も
円安牽制をしましたし、ドル円が上がっていく材料がないですね。
アメリカと日本の金利差もないですし。

アメリカも金利を上げる用意がないようですし。
1つ、上昇の可能性としては、年金の買いが出るかどうかでしょうか。
最近は、レンジを抜けても走らないで、戻ってきてしまうので、
売りから入るのも怖いですね。

年金が下がったところを、しっかりと支えてくれるかどうか、
見極めたいと思います。

« システムトレードと最少枚数 | トップページ | スキャルピングは業者によく思われていない? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事