« ドル円 | トップページ | ドル円 下落の始まり? »

2014年7月28日 (月)

システムトレードと最少枚数

FXには、取引可能な最少枚数というものがあるようです。
業者Aで取引をするためには最低でも1,000ドル単位になりますが、
業者Bの場合は最低でも1万ドル単位といった具合です。
中には100ドル単位の業者などもあるようです。

少ない枚数での取引の方が、基本的にはローリスク
ローリターンになってくるようです。

システムトレードにも、そのような最小単位があるのです。
現時点では、システムトレードのシステムを提供している
FXの業者の中で1千通貨単位でのシステムトレードの
取引ができる業者は、全体の30%ぐらいだと思います。
そして1万通貨単位でシステムトレードによる取引が
できる業者は、現状では40%程度という状況だと思います。
では残る30%は果たして何ドル単位になるかというと、
最低5千通貨からになるようです。

裁量取引では5千通貨単位の業者は非常に少ないようなので、
そこはシステムトレードの独特な点だと思います。
いずれにせよ現時点では、1万通貨単位で取引ができる
システムトレードが多いといえるかもしれません。

« ドル円 | トップページ | ドル円 下落の始まり? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2020358/56926055

この記事へのトラックバック一覧です: システムトレードと最少枚数:

« ドル円 | トップページ | ドル円 下落の始まり? »